モンブランで人気の種類
まず、人気の種類の前にモンブランには大きく4つの分類に分けられることを知っておかなければなりません。

マイスターシュテュック

モンブランの王道ともいえる存在。
1924年に誕生して以来生産を続けていて、高級感溢れる一品。
ここから更に4つに分けられます。
#149
ル・グランの元祖ですがこれは別枠。
万年筆の代名詞とも呼ばれる存在で、重要な調印式に使われています。
インクはペン先をツボに入れ吸入する本格タイプ。
他を圧倒する存在感です。

ル・グラン コレクション

太軸で重厚、存在感抜群。
146は149と同様インク吸入式。
でもそんなの面倒という方はカートリッジ式の147を使う。
クラシック コレクション
中軸のお手ごろサイズ。女性にもフィットします。
ベースモデルは145

モーツアルトコレクション

他と比較すると20mm~30mm短く手帳にも収まるサイズ。
ベースモデルは114
これに加えてリングの色がゴールドとプラチナから選べます。


スターウォーカー

2003年登場のクールなボールペン。
人間工学に基づいたペン形状なので手にフィットして書きやすさ抜群。
ホワイトスター=モンブランってことを多くの社長や重役さんは知っていますからね♪
20代、30代の方にはスターウォーカーをお勧めします。


ボエム

ジュエリー的な要素があるシリーズ。
ポケットにすっぽり入る短めのサイズ。
クリップにカラーストーンが入っていて、モンブランの中では一番派手な存在。
女性にはこれが似合うのかなーと思います。
ただ、最近はマイスターシュテュックにも派手なモデルが出てきているし、白色のボールペンも登場してきました。

 

ジェネレーション

シンプルデザインの廉価版。
現在は生産を中止している。
メーカーの方針として廉価版をやめて高級品のみを売るという方向にシフトしている模様。


実はこのほかにもいろいろあるんですが基本はこのあたりという事で〆ておきたいと思います。

本物のモンブラン筆記具激安通販を探しなら、ここへ:

モンブラン ボールペンというと、ブランドの筆記具として有名であり人気がある高級なボールペンというイメージがあります。そしてモンブランの万年筆たちもしかり。

モンブラン(Montblanc)は、1906年にドイツで万年筆を製作したことからはじまったドイツの筆記具メーカーです。

最近はボールペンなど以外にもバッグや腕時計、さらにフレグランスといったものも販売しているようですが、そうはいってもやはりモンブランといえば、ボールペンや万年筆が真っ先に頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

それも長く愛用され高い評価を受け続けているメーカーだからこそなのではないかと思います。

そんなモンブラン ボールペンを特集します。

モンブラン ボールペン マイスターシュテュックといえば、モンブランの代表的製品、ボールペンといえるのではないでしょうか。

モンブラン(Montblanc)のブランドマーク(ロゴ商標)のホワイトスターはアルプス最高峰モンブラン山の頂きを覆う雪をイメージしているそうです。

そんな最高級の証、星型のマークがあしらわれているモンブラン ボールペン マイスターシュテュック。

持つだけで優雅な気持ちにさせてくれるような一流のブランドのボールペン モンブラン マイスターシュテュックをぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

モンブラン ボールペン 女性用に購入しようか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。またはご自身で買ってよいのか迷われていたりするかもしれませんね。

今は女性もバリバリ働く時代、ステイタスがあがるにつれ、やはりモンブランのボールペン ような最上級のものを持ち歩く、使う必要性が女性であっても出てくるのではないでしょうか。

実際に以前モンブランのボールペンを携帯されていた方をお見かけしたこともありました。女性用として購入されても、女性向けギフトとしてプレゼントしても良いのではないでしょうか。